ステラ肥ゆ

ステラ先生のブログで好き勝手言いましたが、実際俳句は「なんてことない情景」と季語を組み合わせるだけでいいと聞きました。
ここで取り合わせを意外性のあるものにすることで、行間の広がりを出すんだそうです。

ふと思ったんですけど、たとえばその日のロールを一言でまとめて、そこに季語付けたらペティット俳句になるのでは????
たとえばこないだCCバトルにクロザネで参加しましたが、これを5・7で「夢魔の遊戯に迷い込み」とかなんとかしておいて、最初に適当に季語をくっ付けます。
秋の夜でもいいけどここは辞典と首っ引きでバリエーションを確保。9月9日だったので仲秋、白露の頃にあたります。天気は曇りでした。……あーでもあんまりいい季語がない。
たとえばここで夜の生き物の季語を持ってくると情景に入ってきますね。色々やってみる

螻蛄鳴くや夢魔の遊戯に迷い込み(なんか田舎道を歩いてたらCCバトルになりました的な感が……)
カンナ咲く夢魔の遊戯に迷い込み(カンナ背景にCCバトル感ありっちゃあり?)

夜感を出すなら、いいとこ夜長とか長き夜とかですかねえ。

夢魔誘う悪夢の扉秋夜長(ぱっと見意味わからないのとなんかチュウニ!!!!)

お遊び感がない。やはり遊戯とかゲームとか入れるべきか。あともう観念して秋の夜を使おう。

夢魔誘うゲーム賑やか秋の夜

安直気味だけど明るくまとまった気がする!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

iguano

Author:iguano
PBCサイト『Petit』の感想&設定置場です。コメントカモンカモン。Petit関係者のみリンクフリーです。

PL:いぐあの
.hackが大好きでMMORPGにあこがれ、PSO2をVITAでプレイしてみるも即投げ出す。そんなある日オリジナルなりチャの存在を知り大驚愕。PBC数年目の村人A

PC:基本的には悪戯好きな石頭たち。

検索フォーム

Counter