2月つぶやき(背後)

PLメインの覚書です。
2月28日
 リアルジジョウニヨリ スウジツシズム
 ゲツマツ ゲッショ オオイソガシ

2月26日
 音楽ファンタジー・ゆめ……。
 だいたい平気で見てたけどメヌエット(Youtubeに飛びます)はブキミだった……。
 トロイメライもいい感じに覚えてる。前半の謎の赤い球体も本当に謎。

2月23日
 梅の 鉢植えが 売ってない
 梅ってなんで見頃だと思って行くと案外咲いてなかったりするんでしょうね。毎回そうだよ毎回!!
 桜は一斉に咲くからそこらへん予想立てやすいですが……いざ梅を見にいって、近所の人んちの梅のほうが綺麗だったときはさすがにちょっと残念感。どうすればいいんだ。やはり名所中の名所に行くほうがいいのか。でも遠いから行き渋るものぐさ。

2月18日
 1人ぐらい、注意を受けててもウッカリ際どいこと喋っちゃう人がいてもよかろう。
 というなんともハタ迷惑な思考で臨んだ背後であります。いや超楽しい。ちょびちょび試していったら最後のはそこそこに問題発言だったもよう。あざます!!! 結果オーライでよかった(お い)
 もちろん大問題発言はさすがに避けるぜ!! 怖いんだぜ!!
 そういえば教授が……教授の食料が……けっこう西世界でメジャーな観葉植物とかも生えていそうだし、手当たり次第採っていって、誰かの知識とかイグアナの嗅覚などで判断していただく感じかなぁ。多分なんとかしているんだと思うんだけれど、そういえば葉っぱも要るなと思い出したんでした。わっさわっさ採って帰るよ。

2月17日
 日々密林。明らかに黒が生き生き動いていてなんともはや。なんともはや。GM様によれば引き続きの調査続行は危ぶまれるようですが……この機会を頂けたことには感謝しかございません。本当に。
 テイリーはチョコ入手。まさかあるとは。

2月15日
 梅の鉢植えを探しているのに、なぜボケとサクラと花桃しか売っていないのか。時期じゃないのか。そうなのか。
 とうとうヴィッセン教授が姿を現した!! やはりご本人が描いたものって伝わってきますね、雰囲気が。インテリ系、アカデミック系。実は一目見て吉村作治を思い出したんですねぇ、あのエジプト調査の人。なんとなくですが!
 そこへいくと、あの謎イグアナはグミのパッケージ絵でしかないのであった。サムズアップしてるのを描こうと思ったんですが、気力が続きませんでした……絵って大変ですも。ほんと。
***
 そういえばテイリーをしばらく動かしてないわけですが、なんか最近しっくり来ない。もうちょっと落ち着かせたほうがいいんだろうかとか、それもそれで動きづらくなるのかなぁとか思いつつ、じっとりじっとり考えてます。

2月13日
 ここ数日の展開が個人的に大変好きなわけでした。ジェットコースターのような展開。しかも論理の破たんがない(はちゃめちゃだけど)。「こういう過程が積み重なればこうなるよね」というのがわりとシビアなのがいいようです。個人的にね。不思議なリアリティ。
 さて、テオノール氏離隊。仕方ない。色々あるけど仕方ない。クロザネも見送りました。
 と思ったらまさかのジェスター氏到来。一応クロザネにとってはほぼ見知らぬ人&リスクの一要素なので、まだ警戒していますが、じき慣れるでしょう…!
 盛りだくさんすぎて何から書けばいいやらですが、引き続き楽しみに参加するつもりです。
 森山組は斯くしてしばしの休息。アキトさんもお疲れ様でした!

2月12日
 一 転 カ オ ス
 早々に退室しましたが、テオノール捕獲後にふとお菓子の必要性を思い出すステラ先生が面白すぎて……! どうなるか楽しみにしながら寝ます……やすやす捕まるテオノールとも思えないけれど。
***
 ところで、教授を描けそうと思って頑張って描いたら、なんか変なポーズしか思いうかばなくて、しかも頑張って描いても再現しきれるもんでもなくて、なんか、なんか、

イグアナ獣人とは

 誰これ。

 ご本人さまから紹介された、イメージ画像に基づいてもにゃもにゃ書いて、そんで一度お見せして、教授だかどうだかわからないけれど頑張って描きましたー!とか言って、しばらく1人でハシャいでたんですが、時間が経ったあとでよく見たら、だんだん、見てて腹が立ってくるようになりました。
 何その手。何ちょっと笑ってるの。何でそんな足がむちむちしてるの。なんなの。
 でもヴィッセン教授って思ったとき、本当にこのポーズ(子供たちと半そで短パンで相撲を取ろうと構える教授)しか思い浮かばなかったんですよね……。

 というわけでこれはきっとヴィッセン教授ではありません
 このそこはかとない「何なのお前」感を共有したい午前0時。
 アゴに下がっているのはイグアナの喉のひらひらした部分です。

2月11日
 毎日何かが起こってるチャカン地方……。
 濃い。
 濃いです。
 とりあえず通常なら森がおかしい時点でとっくに家に帰っているクロザネでありますが、投資とリスクのバランスもあり、さらにすでにここまで踏み込んだ時点で、もう状況は止まってくれないことを実感しています。ビビりだけど、危険にはまったら全力を出します。追い詰められたネズミとなるか。
 あとドミノ移植ってアキトさん!!! ちなみにギンピーギンピーが恐ろしすぎる。一度だけイラクサに触ったことがあるんですが、ありゃほんとにかすっただけで「ギャーッ!!!!」となりました……。

2月8日
 ウーファー
 昨日は各方面にご心配とご迷惑をお掛けしました……申し訳ない。
 べつだんPLとして行動を制限しようとしているわけではないんですよ! ただ、なんせあいつの心配事やら実体験やらにどストライクでしてね……何卒ご寛恕いただけると幸いです。ルベイユ氏もここは譲れないのだろうと思ってます。
 という大人組の一部でございます。
 翻って、フレラさんとGMさんの一連の流れがほんと好き。救急搬送のリアリティよ。

2月1日
 出れるかな今日。だけどサバイバル関連の行動宣言も一個したいな。ふももも。
 ところで口調がうつりやすいのはあるかもしれません。へーこう言う言い方するとこう言う雰囲気なんだー、となって、そのうち自分でも使い出すという。ロールの言い回しが誰かに似るのもあるある。
 多分ラゼさん、コールさん、船長の言い回しには確実にちょっとずつ影響受けてます。便利な言い方はすぐパクってモグモグするので注意だ。そして最近はテオノール一族のテンションもちょっと混ざってきた気がします。ちょっと(←)
 Twitterやってないけど「〜み」の言い方にもだんだん違和感なくなってきたな……
***
 そういえばクロザネは護衛とかは無理なのですよ。チンピラ相手ならともかく、対人戦スキルがほぼない&狸のような交渉もできない。メンタリティとしては山家育ちの猟師+軍隊気質+世間知らずみたいなもんかと思います。
 なのでこう、意地悪くつっつかれると、黙りこくるかしどろもどろになります。そんでつい情報をぽろぽろしゃべっちゃったりします。あらかじめ内緒ねって言われていたらとにかく黙ります。小学生かな?
168:グァーノ画伯登場
確かに、イラッとするな…このポーズ…。

教授は半パン履いているイメージがないもので、教授には見えてない。が。
顎の下のひらひらが、首にかけた手ぬぐいだかタオルだかに見えて、尚更イラッとする。
なんとなく陽気なイグアナ獣人はイラッとする、で決定した。

GMも予想外の展開と結末になりました。<昨夜
ギャグ風味の突発ダイスセッションが、まさかああなるとは。
行き当たりばったりセッション方式の醍醐味ですね。
169:(グェーノ)
アメリカあたりの子供向けアニメで「さあー、いっしょにやってみよう!」的なことを言ってそうに見えます。
それとか、グミのパッケージにもこういう絵が描いてありそうです。サインペンで線を単純化してしまったからかな……。

………………というわけで、えー、ヴィッセン教授PLさま。
ぜひご一緒に、そこはかとなく「なんだこいつ」みたいな目で見ていただけると、自分、嬉しいです……!!(ここから言う……!!)
これはヴィッセン教授ではないんだ。事故で紙の上に現れてしまった、誰か別のイグアナ獣人なんだ。(誰だ)

昨日は、昨日は、昨日は、本当になんでしたかねあれは。
事実は小説より奇なりというか、私の中では伝説の展開となる予感……!!
170:いぐあのさんのいぐあな(早口言葉みたいな)
ステラ「…あ、お菓子食べよう(突然)」

そんな感じでどんどんプニキャラが板につき始めたステファニーです。
おかげでなかなか痩せられません。

歌舞伎っぽい…教授…かな…?()
爬虫類がどうしても描きなれなくてワニばっかり描いている私です(カバンのせい)
イグアノさんの絵柄とても好き。

クロザネさんが常識人なのに時々常識を逸するのでめっちゃ笑いますw
今後も何かと森山組には手助けをお願いすると思いますので、どうぞよろしくお願いします。
171:ミッツノイグアナガヒトツニ
ステラ先生はますます食いしん坊に、その横でガー君がますます神々しく悟りを開く……あのセノーテは魔境でしたね!! 肉体に負担がかかると脂肪が蓄えられるほうなのでしょうか(生存本能全開)。

東大寺南大門的な要素もどこかに感じます……。教授? 教授……じゃない……? 少なくとも、こんな陽気なイグアナのおにいさんを描こうと思ったんじゃないんです。誰なんだ。誰なんだ! 教授というより体操のおにいさん(?)的になりました。なんだか最近、こんなリアル寄りの落書きに挑戦したりなどしています。
そういえばワニ蔵、使い心地が気になりますが! リアルだしけっこうゴツいですよね。普段哺乳類ばかり見慣れていると、爬虫類のおなかの締まらない感じがなんだか気になります……(笑) 奴ら、くびれが無いんですよね、くびれが……。

クロザネの「性格:ごくたまに奇行に走る」は自分で設定しておいてまったくその通りになっていると思います。シュールの呪縛は根強いようです。
現在思いっきり休息ターン、また密林と格闘時には、よろしくお願いします!
172:人様のコメント欄で話すことでもないが。
【第二章】でいきなり怒涛の展開→一気に蛇パートクリア!
というGMと参加者が凄まじいジェットコースター展開に挑む、GMと参加者さんみんなで逝く(…)シナリオが途中まで生きていたのですが、これはマルチエンディングらしく終了しました。このイベントでは、「各PCさんらしく生きてもらうこと」がGMのやりたいことなので、これで良かったと思っています。むしろ非常に良かった。
かくして【第三章】の発生が濃厚になってきておりますが、GMの時間的都合に合わせて【第二章】から間をおかずに【第三章】突入をやると、参加者さんが疲労してしまうだろうなあ、と考えての「切りの良いところで中断かな」ってところです。参加者さんの動きを見ながら動線を引くので、まだ解らないけれどね。
 
細かいところなのだけれど、クロザネ君とアキト君の森山コンビはGM的にすごく嬉しい光景だったりします。本領発揮の場がなかなか見つからないレジャー系PCの、得意フィールドをどうにかして作りたかった。狩猟ロールは見ていて嬉しかったな。できれば獲物NPCでナマハゲしたかったぜ。
本当のことを言うと、行軍や調査でもっと見せ場を作るつもりでいました。【第二章】で出来なければ【第三章】でやるんだぜ(森山組参加不参加を考慮にいれてない人)

だらだら喋ってしまったけれども。
積極的なご参加をありがとうございます。
ついでにいうと、テイリーちゃんが動かしにくいのは、今クロザネがのっているからだと思います。クロザネのターン!
173:「しばらく俺のターン!!!」(ルール改定されたカードを叩きつけながら)
今そのカード大変なことになってるらしいじゃないですか。よく知らないですが……という余談は置いておきまして、

> GMと参加者さんみんなで逝くシナリオ

もうすでにかなりのジェットコースター展開だった気がしますが!!! あれ以上のジェットコースターだったらクロザネぶっ倒れてたかもわからんです(メンタル面のダウンで!!笑)
イベントの性質や設定に甘えて、かなり真正面からクロザネというキャラをぶつけていってます。こういう思考をするんだなぁと背後としても発見があったりして、楽しんで参加しています!

サバイバルスキルは、航海スキルもその一種かとは思いますが、つまりは「道中のスキル」なんですよね。普通のイベントだと、参加者のリアル都合などの関係で端折ることの多い場面ですが、今回は言ってみればすべてが道中(!?)なので、充実した時間を過ごしています。ありがとうございます…!!!

クロザネが「ごくたまに奇行に走る」なら、テイリーは「たまに落ち着く」でしょうか。キャラの相互クロスオーバー。あるあるですよね。
174:梅の鉢植え
ふと、鉢植えをググってみたらネット通販でも買えるっぽい…。
しかしこういうのはやはり実際見て買いたいかもですので、購入手段の一つとしてどうぞ…!
175:ネット通販!
すっかりその手を忘れていました。それもそうですよねぇ……!!
ここでいざ写真を見て気づいたんですが、梅は鉢植えよりも盆栽の方が圧倒的多数。となると盆栽屋に行けばいいんじゃないか?と思い至り、最寄りの盆栽屋を検索したら、ありました。夕方で店じまいのようなので、いずれ覗けたら……!!

鉢もの、店頭に並ぶたびに欲しいなぁーと思うんですが、どれも冬に弱かったり夏に弱かったり乾燥によわかったり多湿に弱かったりで……観葉植物も、どれも可愛いのに、冬場、室内に入れておくスペースがない(´・ω・`)
最終的には地植え可能な品種最強という結論に至り、梅に的を絞っています。いいのと巡り合えるといいんですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

iguano

Author:iguano
PBCサイト『Petit』の感想&設定置場です。コメントカモンカモン。Petit関係者のみリンクフリーです。

PL:いぐあの
.hackが大好きでMMORPGにあこがれ、PSO2をVITAでプレイしてみるも即投げ出す。そんなある日オリジナルなりチャの存在を知り大驚愕。PBC数年目の村人A

PC:基本的には悪戯好きな石頭たち。

検索フォーム

Counter