FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフ会の写真お忘れなく

気付けば9月も終わりそう。
写真ダウンロードしたかな!?
スポンサーサイト

丸木弓敗北

ヒガンバナが咲き始めました。秋です。
あと椎の実も落ちてた。炒ってみた。まあまあのお味。まあまあというか、栗が美味すぎるのかもしれない。

丸木弓はあれからパキッと折れちゃいました。折れたっていうか、張力に負けて組織がはがれちゃった。棒状に削られていたので、柾目とはいえ木目が途中で途切れてたんですな。本来なら、削るより割る感じで加工するのがいいんだろうと思われます。
2本目はかなりのんびり制作だし、最後までやるかは不明です。

矢筈は案外詰んでます。
紙ヤスリで削っていったら、意外と削り幅がありすぎて矢の端っこが消滅しそうな勢い。かたやワイヤーソー方式では、どうしても矢が十分に固定できず…これはもう万力か糸ノコが必要。あるいは、既製品の矢筈が必要。これは流石にサイズとかあるし、店もないしで買いづらい。
楊弓遊びの矢の場合は矢筈がほぼ無くて、矢の終端にトクサを巻いて滑り止めとし、そこを摘んで射るそうです。そういう手もあるにはありますけどねえ。残念。

さらに仕事上軽く勉強する必要が発生し、弓を作る時間をそれに当てることにしたので、ますます完成が遠くなる。
にしても「弓を作る時間も大切ではあるけど本も読もう」と言ってくれるあたりひどくホワイティー。読む読む。

さらにさらに(ワイヤーソー編)

夜中に何やってんだという話ですが、あれから矢筈を作るのにちょっと手間取っていまして、弦が丁度ハマるような細い溝は一体どうやって加工するのかと。

カミヤスリを折りたたんで折り目でゴシゴシやる、が今のところ最適解なんですが、時短したくてワイヤーソーなんてものを作ってみたんですよ。
なんか、木材が切れるっていうから。圧倒的不審者の人が作ってた気がするから、なんか。

銅線(なんか昔からあった)にピアノ線の細いやつ(楽器に使うんでたまたまあった)を巻き巻きして。
両端の処理はペンチ使ったけど、巻くのは意外と素手でいけた。
IMG_4524.jpg

こんな、使い捨てレベルのちっこいやつ。超適当。
IMG_4523.jpg

で、机の脚とか菜箸程度なら切断可能ですこれ。(柔らかい木材だからだけど。おがくずワシワシ出てたし)
しかし、細い矢の先をゴシゴシやることはできなかった。矢をばっちり固定しないと、こすってる表面がツヤッツヤになるばかり。
そんなわけで次は矢を固定することが必要なようです。たとえば、椅子に座ってその椅子の足と土台の間に矢を挟み、座ったままどうにかこうにかゴシゴシするという方法が考えられますが、今日それをやる気力はないので、後日もうちょっと練って試そうと思います。

一旦やり始めたら意外と次々に方法が見つかるという例です。
そしていぐあのの諦めの悪さ。

いや、勝った ちょっとだけ(弓)

打ったときに左手に弦が当たる現象を解消。
サバイバル系の動画を見てたら、拳+立てた親指くらいのスキマが必要とか言ってたので、じゃあということで真ん中辺を思い切ってもっと削って、しなりを増やしました。
真ん中からぶち折れるのを避けるために厚みを残しといたんですが、残し過ぎだったようです。


こういうことですな
IMG_4519.jpg


で、こうなった。和弓を参考にしたので持つのは真ん中より少し下。
IMG_4518.jpg

ちっちゃい弓なので、普通に構えてフルドロー状態でも右手が顎に届かないんですが、弦が手に当たることはなくなりました。快適快適。
で、またハンズに行って矢を調達(ラミン丸棒)。
結果、至近距離からですが、先をとんがらせてない状態でも厚めの段ボールを貫通。
矢羽付けたらもっと安定して刺さるってことだろうな……。
IMG_E4517.jpg


うん、これ、危ねえですね。普通に。外で遊ぶものではないと理解。
部屋の中で、とがってない矢で枕とか狙って遊ぶことにします。
楊弓という江戸時代のお座敷遊びの弓がちょうどこれくらいの大きさだそうで、なんにしろ室内サイズなのでしょう。
矢筈ももっと切り込みを入れて、弦にぱちっと嵌まるようにしたい。

というわけでちょっと勝ち越した弓づくりでした。

弓が欲しいときは買ったほうがいい

そういえば弓作ってみたい、と思っていたのを思い出したのでやってみました。
健闘したとは思いますが、勝利はしませんでした。
形にだけはなったんだ。こんな。 もう、なんか、見てってください。指痛い。

IMG_4516.jpg

あんまり大きくない。
IMG_4506.jpg


沢山引くとミシミシ言うのでこれが限界っていう。
IMG_4515.jpg


【やったこと】
・ハンズでひのきのぼう(丸棒、ねじれがなく柾目)とナイロン製ロープを購入
・曲がり具合を見ながらカッターナイフでひたすら削る(総計4時間)

【結果】
・引ききれない。ひっぱり過ぎるとミシミシ言う。多分そのまま引くと折れる
・木をかなりペラペラになるまで削らないと曲がってくれない
・空引きすると弦が左手にビチーン!と当たって痛い

【敗因】
・多分樹種がまずい。ひのきじゃなくてケヤキとかイチイとかアズサとか伝統的なあれじゃないと多分だめ。一応ヒノキの弓も遺跡とかから出土してるっていうので、いけるかと思ったんだけども。
・あと多分丸木弓にするには短すぎた。もっともっと長ければもしかするといけたかもしれない
・小さすぎるから手に弦が当たるんじゃないだろうか


丸い棒じゃなくて、いっそ始めから長くて細い板を買ってそれで作ったほうが簡単だったかもしれない。カッター押さえすぎで指痛い。
塩ビ弓なんてものもあるそうですけど、うちだと加工できないし。
そして、作ったところで矢を飛ばせるような環境がない。
部屋で枕相手に射るくらいしかない。枕がもったいない。
あと、矢がない。作るとしても、1本1本羽つけなきゃ飛ばないからちょっとめんどい。
かといって購入するほどでもない。

とりあえず、面白かったです。
         
プロフィール

iguano

Author:iguano
PBCサイト『Petit』の感想&設定置場です。コメントカモンカモン。Petit関係者のみリンクフリーです。

PL:いぐあの
.hackが大好きでMMORPGにあこがれ、PSO2をVITAでプレイしてみるも即投げ出す。そんなある日オリジナルなりチャの存在を知り大驚愕。PBC数年目の村人A

PC:基本的には悪戯好きな石頭たち。

検索フォーム

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。